スタイリッシュなOCメモリ、OCPC X3TREME RGB AURA 3600MHzショートレビュー

PC(自作・ハードウェア関連)

最近社畜を極めすぎて趣味の時間が全く取れていないどーにゃです。久々のブログ更新ですね。

広告

今回レビューするのは、OCPCというアメリカのPCパーツメーカーのメモリ、X3TREME RGB AURA 3600MHzです。OCPCというメーカーは日本ではあまり聞き馴染みがないとは思います。私も存在自体は知っていましたが精々その程度のレベルの認知でした。

↓公式HP

OCPC
OCPC | Manufacturer of PC Parts and Gaming Peripherals

メモリ、SSD、VGA、ゲーミングチェアなんかも作っているみたいです。特にゲーミングチェアのSATANシリーズというモデルはほとんどの方が「え?これってあれモチーフだよね?」と感じるカラーバリエーションだったり、なかなか他のメーカーさんとは毛色が違くて面白いなと感じています。

↓ゲーミングチェアのリンク。ね、わかるでしょ。ぶっちゃけメモリよりこっちの方が気になる

OCPC Gaming Chair
OCPC Gaming Chair

今回はそんなOCPCの中の人からいきなりメッセージが飛んできて「おいちょっとメモリ投げるからレビューしろよ」といわれましたので馬車馬のようにキーボードを叩いているわけです。

スペック

周波数:3600MHz

レイテンシ(XMP):CL-17-18-18-38

メモリ電圧:1.35V

PCB:A2

IC:Samsung B-die

バランスはG.Skillなどのメジャーどころと比べても同レベル。XMPのまま動作させても十分高速な動作が得られます。

外箱

パッケージ

パッケージ裏面

デザイン

個人的にはめっちゃ好き。ヒートシンクが分厚いOCメモリが多いですが、このメモリはかなり薄く作られていてかなりスタイリッシュ。

光り方もそこまで派手でなく、控えめな感じ。ライティング部分が曇りガラス的な感じになっててうまく反射が抑えられているんだと思います。たぶん。

実際動かしてみよう

環境

CPU:intel Core-i9 9900K

MB:ROG MAXIMUS XI GENE

PSU:EVGA 1600T2

VGA:GT710

OS:Windows Server 2012 R2

使用ベンチマーク

Cinebench R15

結果

まずはXMP。かなりいいバランスです

電圧はそのまま、タイミングを緩めて4000MHzは難なく動作しました

元々が3600MHz動作ということもあり、めちゃくちゃ伸びる!というまではいかなかったものの、4000C19@1.35Vで動作は余裕でできました。4000MHzのラインナップもあるので、そちらならもう少し上の動作が可能なのかもしれません。

結論

耐性は並み以上のOC耐性を確保しつつ、デザインもすっきりしておしゃれなメモリです。巷にあふれている安っぽいデザインのRGBメモリと比べれば雲泥の差です。

お値段は200USD前後を見込んでいるようで、「近い将来日本国内で販売したい」とのこと。ぜひ国内で販売が開始されたらお手に取ってみてください。きっと気に入ると思います。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました