首領閑談 #10 22歳になりました、と就職の話

広告

めでたく22歳の誕生日を迎えることができました。ひとえに皆様のおかげです。たくさんのお祝いのメッセージとプレゼント、ありがとうございます。

もう22年です。人生の5分の2以上を消費してしまいました。悲しいですね。

遂に学生の身分を抜けて社会人となるわけですが、不思議と不安や期待なんてものはなく、「まあなるようになるんだから、楽しくやろう」と思っております。

そして、ちょっと就職についてのお話を。

ぶっちゃけて言うと、この界隈の方はほっとんど知らないような会社に就職します。パソコンとかオーディオとか、全く関係ありません。

多くの方が「もったいない!」と言ってくださるのですが、こればっかりは仕方ないです。代理店系などは中途採用しか受け付けていないところが多いですし、新卒でも行けるところは全部応募しましたが1社も受かりませんでしたから。去年の今頃はこの界隈のために仕事したいと思って就活していましたが、向こうにいらないと言われたら仕方ないので現時点ではあきらめるしかないです。残念ですが。

来月から就職する予定の会社は決して100%いい会社ではありません。半分くらいはろくでもないと思っているくらいです。ですが、おそらくこの界隈に浸っていては学べないことが学べるかもしれない、それだけのために行きます。いわば賭けです。

それからでもこの界隈に帰ってくるのは遅くない、そう思っています。なんだかんだこの界隈は大好きなので、いつか戻ってこれるように頑張ろうと思います。

行ってきます。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください