Venture Electronics&aune audio JAPAN Review Tour 2017に参加しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々にオーディオ系の記事です。本当にお久しぶりです皆さん。やっとこさ私自身忙しさから開放されたのでちょっとずつ記事の公開ペースを早めていけたらなと思います。

広告

改めまして、今回「Venture Electronics&aune audio JAPAN Review Tour 2017」というものに参加させて頂く事になりました。こういった”Review Tour”系は今まであまり参加しなかったのですが、今回は調整役にREVさんがいらっしゃること、「自由に書いておk」とのお言葉を頂いたことで参加を決定いたしました。私のブログはいわゆるヨイショヨイショ系ではないのでこの手の依頼は受けづらいのですが、今回は特例です。こういうReviewなら大歓迎なんですけどね。

さて、本題に。今回ご紹介するのはDAP1機種、イヤホン5機種(お借りしたのは6機種ですが、1個は残念ながら故障の疑いがあるため今回はレビューせず)です。これを一つの記事にまとめて載せてしまうと非常に長くなる上に読みにくくなること必至ですので、この記事にリンクを張って一個一個別々の記事を書くというような形にしたいと思います。面倒くさいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご了承ください。

今回の趣旨は「aune M1sのバランス接続でそれぞれのイヤホンを聴いてみよう」です。なので全て試聴レビューはM1sのバランス接続で行っています。ご了承ください。

では、以下リンクです。

MONK PLUS Standard Edition Balance 2.5 TRRS

MONK PLUS Espresso edition Balance 2.5 TRRS

ASURA 2.0 Balance 2.5 TRRS

ZEN 2.0 Standard Edition 2.5 Balance TRRS

aune audio M1s

・まとめ

全体的に思ったより量が少なめですね。開放型のイヤホンは国内だと選択肢が少なかったのでそういった選択肢が増えることはとてもいいことだと思います。今後にも期待しています。

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*