MH335DWをレビューしていく

 

はいこんにちは。今日も先日に引き続きオーディオのことについて書いていきます。

本日紹介するのは、「MH335DW」というカスタムインイヤーモニター(CIEM)です。先日の変換コネクタの記事の時に少しだけ出演していただきましたね。今回改めてレビューしていきたいと思います。

簡単にスペックを紹介すると、MH335DW(以下335DW)は5Driver/3Unit/3WayのBAドライバーを積んでおり、構成は低域に2Driver、中域に2Driver、高域に1Driverとなっています。FitearにはMH334というモデルがあり、そのモデルの低域DriverであるCI22955を1発から2発にしてダブルウーファー化(DW)したモデルになります。

なんですぐレビューしなかったかというと、いろいろな環境で聴いてみないとなんとも言えないなあと思ったからです。なんでしばらく使ってみました。その上でのレビューです。

なんといってもこいつのすごいところは低域の表現力です。迫力ももちろんあって、非常に楽しく聴かせてくれるんですが、しっかり低域の細かい表現を再現して鳴らしている印象が強いです。「低域のモニタリング用」という名は伊達じゃないなと。どこまでも粘り強く、どんだけ振り回してもしっかり後をピッタリとついてくる。そこにキレがしっかりあるので、聴いてて非常に心地よいです。これはそんじょそこらのイヤホンには出来ないでしょう。一言で言うなら「上品な低音」とでもいいましょうか。低域に関しては文句なしです。少なくとも私は感動しました。

ここまで低域をべた褒めしてきましたが、こいつのすごいところはこれでいて中高域もしっかり鳴らせること。低域に負けないくらいの鳴らし方をしてくれます。バランスは非常にいいと思います。

ここまでをまとめるなら、「リスニングライクなイヤホンで低域が豊かだけど解像度高め」というのだろうか。モニターではないかなと思います。モニターライクさを求めるならMH334のがきらびやかさや伸び、解像度などがあっていいと思います。決してそれらが335DWにないわけではないのですが、よくも悪くも低域が仕事するのでモニターとなるとどうなのかな、と思います。低域のモニターなら335DWなんですがね。より全体のバランスを求めるならMH334だと思います。

なんだろう、335DWは銅線、334は銀線が合うイメージですかね。なんとなくわかっていただけるのではないかなと。

そして一番言いたいことは、こいつはリケーブルによっていろんなイヤホンに化けるということです。低域を絞ってMH334寄りにするもよし、低域をもっと出るようにしてドンシャリなサウンドを求めるのもよし、解像度を上げてモニター寄りにしたり、サウンドステージを広げてよりリスニングライクにするもよし。可能性は無限大だと思います。自分は少しサウンドステージ広げて解像度あげてみたいかなあ。リケーブル次第でいろんな音源に合わせることができると思います。これからが楽しみです。

あ、もちろんですが出力強めの上流を揃えたほうがいいと思います。鳴りが全然変わってきますので。当たり前の話なんですが。

後これも当たり前なんですが、いい加減な音源では聴けません(笑)ので、ちゃんとした音源を準備しておくことをおすすめします。まあ335DW買うレベルの人にとってはあたりまえのことでしょうが。念のため。

なんかあんまり言いたいこと言えなかったなあ。また後日追加でレビューするかもしれません。では。

 

 

 

Fitear2pin→MMCX端子を作りました。

 

最近少しずつ暖かくなってきましたね。もう手袋も使わなくなりつつあります。

さて、今日はオーディオの話題です。ちょっと工作をしてみたので報告しておこうかと。

自分は今、MH335DW(以下335DW)というカスタムインイヤーモニター(以下CIEM)を絶賛愛用中です。どんなものかは詳しくまたレビューしますが、まあ大のお気に入りなわけですよ。

んで、こういう価格帯(179900円)のイヤホンなんかはまあリケーブル(詳しくはまた違う記事で)できるわけで、色々試したいんです。そんなときに障害になるのがこいつ。

f:id:dogna:20160327210242j:plain

Fitear2pin端子です。他にはHD25というヘッドホンなんかに使われてたりします。現在はMMCXやカスタム2pinなんてのが主流ですが、この端子自体は優秀な端子なんです。ただ、拡張性が低いんですねえ。殆どのケーブルはMMCXやカスタム2pinで作られているので、この端子が付いてる以上、リケーブルの選択肢が狭くなってしまいます。なので今回は、この「Fitear2pinをMMCXに変換するプラグ」を自作してみました。

完成品がこちら。

f:id:dogna:20160327210724j:plain

f:id:dogna:20160327210728j:plain

汚い(笑)

まあハンダを使った工作というものにまだあまり慣れてないので大目に見てやってください(笑)。作業工程がないのは、汚すぎて、手際が悪すぎて、また写真なんて撮る余裕なんてなかったからです。お察しください。

構造は単純です。オヤイデで売ってたFitear2pin端子(4000円もする、高い)をMMCXメス(2個で600円)に直接ハンダ付けしました。ネットで調べたところケーブル状にしている方が多かったのですが、自分は意地でも途中にケーブルや余計なものを挟みたくなかったので直接ハンダ付けしました。ハンダには余ってたSS-47を使用しました。出来上がったところにホットボンド流し込んで熱収縮チューブを巻きました。単純。ハンダに慣れてる方ならすぐできると思います。私はコネクタ側のプラスチックとかしまくりました・・・

実際に付けてみた感じです。

f:id:dogna:20160327211300j:plain

地味に良い感じです。ケーブルは千石電商のMMCX-2です。

一応左右わかるように青と赤の熱収縮チューブを巻きました。今度経がでかいやつを買ってきてやり直します・・・

肝心の音ですが、ちゃんとなりました。ハンダ初心者にしては良く出来たほうじゃないかなと(自画自賛)。音質どうこうは比較対象がないのでなんとも言えないですね。今のところ問題ないと思います。取り回しについてですが、やはり縦に少し長くなる分気をつけたほうがいいです。自分が使ってる分には問題無いですが、使ってるケーブルによって少し気になる方もいらっしゃるかもしれないです。

Fitearのリケーブルに迷っている方がいらっしゃったら是非試してみては。道具がある程度揃っているなら5000円以内で作れると思います。

ハンダ付けの腕が上がったら作り直します(笑)

もし作り方について疑問があればお手数ですがTwitterの方から質問ください。よろしくお願いします。

次回もオーディオの話題になると思います。では。

 

自分のメイン機について

 

どうも、Dognaです。
先日、少しメイン機の話をしたので、自分の自作PCのスペックや環境について書きたいと思います。この記事は自分に対しての覚書のようなものなので、つまらないかもしれませんが、ご容赦ください。

早速ですが、スペックをサラッと表にまとめて書いていきますね。ちなみに自作したのは2015/3/22です。

CPU:intel core i7 4790k
CPUクーラー:サイズ 阿修羅
M/B:ASUS Z97 Pro Gamer
メモリー:センチュリーマイクロ DDR3L-1600(型番とかメモリタイミングとか詳しいスペックは忘れてしまった・・・)
PSU:ENERMAX RevolutionXt 730w (80plus Gold)
GPU:Nvidia Geforce GTX980 (MSI Twin FrozerV)
SSD:Crucial MX200 CT250 (250GB)
HDD:Toshiba MD01ACA200 (2TB)
光学ドライブ:LGのバルク品。1700円くらいの安物。
ケース:CoolerMaster CM690III

とりあえずこんなトコですかね。構成を見てわかる方もいらっしゃると思いますが、2015の春にハイスペックゲーミングPCを組もうと思ったらこの構成になるよな、っていう構成だと思います。では順番にスペックの解説をしていきます。

まずはCPU。言わずと知れた名機・4790kを使っております。あの時期にハイエンドゲーミングPC組もうと思ったらこうなりますよね。5820kとも迷ってはいたのですが、予算的にX99とDDR4は諦めました。今のところ4790kで不便はないです。
OCについてなんですが、CPUクーラーは安くて冷える大型クーラーの阿修羅を使用しているので、ある程度のOCをしています。常用だと今のところCPU-Z読みで4.5GHzでOCしています。どう頑張っても4.6GHzにするとOCCT通らないんですよね。なので諦めて4.5GHzで回しています。

マザーとメモリについてはこだわりとかはありません。マザーの方は当初OCをそこまで本気でやらない予定だったのでこちらを選びました。オンボードの回路が値段の割に良いので、高コスパだなあと思って選んだ記憶があります。メモリーも、たまたまその時セールで安くなっていて、しかも低電圧メモリだったのでこちらを選びました。

電源なんかは本当に適当です。700wぐらいのプラグイン電源でGold認証以上だったら何でもよくね?と思って探したらこれがあったのでこれを買いました。結構良い電源だと思います。不調なんかこれっぽっちもありません。

さて、GPUです。最初980か780tiで迷ってたんですが、まあワットパフォーマンスとOCした時の伸びを考えてこの先考えると980かな、と思って980を選びました。970とか960は視界にも入っていませんでした。だってしょぼいし。
MSI社製にしたのは、評価が高くて安かったからです。60度以下だとファンが回らない仕様になっているので静かですし、満足です。
しかも、実は私の引いたカードのASIC値がなんと82.3%だったんです。こりゃOCしようと、ガンガン回してたんですが、いやあ、伸びる伸びる。正確な数値は忘れてしまったのでまた次回紹介しますが、メモリクロック+100は普通にいってました。もともとOC耐性の高い900シリーズですが、こんなに伸びるとは思いませんでした。
最近はドライバーも成熟してきたので、定格で4k60fpsが達成できるようになりました(もちろん設定は若干落とさないとダメですが)。長い付き合いになりそうです。

その他のパーツに関してはほんとに書くことが無いです。その時安かったりしたものを買い集めたので、本当に何も言うことが無いです。しいていえば、ケースは前面に20cmファンが付くのがいいと思っていたのでこちらのケースにしました。

今となっては少し時代遅れ感のある構成ですが、まだ全然戦えます。6700kも出ましたが、正直すぐ変えなきゃいけないほどの性能差ではないので、当分このPCのでのり切ろうと思います。正直、自分の用途なら十分です。
アップグレードをするとしたら、多分来年ですかね。intelからはBroadwell-E、AMDからはZenが控えています。どちらも注目のCPなので、このタイミングで誘惑に負けてアップグレードする未来は割と見えてます。必要かどうかは別として。
GPUもこの先どうなるかわかりませんが、しばらくはこのままで行きます。4kゲーミングも今の状態でできなくはないので、慌てて買い替えなくても大丈夫だろうと思います。980tiは正直かなり気になっていますが・・・
次回アップグレードするときはOC前提で組むので、予算をかなり食いそうです。いまのPCから移植できるパーツがおそらくケースとストレージぐらいなので、出費も覚悟しなければいけないでしょう。

今考えてるお手軽なアップグレードは、CPUクーラーの交換です。ハイエンド空冷を試してみたい、なんて思ってます。実際そこら辺の簡易水冷よりも冷えるらしいので。4790kのポテンシャルをもっと引き出してやりたいです。まあホントは本格水冷を組みたいのですけれど、流石に金額と手間がかかりすぎてしまうので。

当分はお金がないので大幅なアップグレードはできないと思いますが、いずれすることになったらまたお知らせしたいと思います。

では。

 

surface pro 3の続き。

 

どうも、dognaです。surface pro 3、使ってます。とてもいいっすねえ。どこらへんがいいかって言うと、なんといってもこの手軽さ。ベッドで寝っ転がりながらとかお風呂でネット見る時はタブレットとして、ちょっと文字を打ちたいときは机に置けばノートPCとして。自分のライフスタイルに革命が起こりました。

まあそんなお手軽な革命が自分に起きたのですが、ちょっと使って見ながら少し設定をいじりました。いや、かなりか。

前回、発熱がかなり気になるという話をしました。で、こんだけ熱くなるなら流石に他の方も気になっているだろうと思って調べてみました。すると皆さん、レジストリ書き換えてTB切ったりダウンクロックしたりしてるんですね。その発想はなかった。

てなわけで、自分もやってみました。まずはレジストリの電源管理に関する設定のところをすべていじって、プロセッサーに関する電源プランを変更できるようにします。自分はTB切って最大80%稼働にしました。結論として、まあ発熱はすこ~し収まったかな、という感じです。とりあえずやけどしないくらいになりました。

CPUに負荷をかけまくるソフトを多分自分はsurfaceでは使わないので、省電力主義で行きたいと思います。メイン機は真逆ですけどね。

今日はこんなところで。では。

Surface Pro 3を今更ながら購入しました。

 

はいどうもdognaです。久しぶりの更新ですね。少し海外旅行に行ってたので更新できませんでした。

さて本日は、surface pro 3についてです。自分は大学生で、学校で使う用のノートPCが欲しかったのです。自分の条件としてあげていたのが、

・キーボードが英字配列であること

・右隅のキーはCtrlであること

・13インチ程度であること

・メモリは8GB、SSDは256GB以上であること

・CPUはi5以上であること

でした。今中で一番厳しかった条件は一番上の「英字配列のキーボードであること」でした。国内メーカーはVAIO以外全滅。海外メーカーでも、日本市場向けに英字配列モデルを出しているメーカーはDELLとLenovo、そしてMicrosoftだけでした。もともとSurfaceには興味があったってのも一つの理由なのですが、それ以外の条件を満たしてなおかつちょうど10月に出るであろうSurfacePro4のおかげでセールをやっていて、値段が下がったのが決め手でした。購入したのは、i7/8GB/256GBモデル。タイプカバーはAmazonで英字配列版の赤を購入しました。細かいレビューはもう出尽くしてると思うので、あまり細かいレビューはしませんが、個人的に気になった点だけ少し述べたいと思います。

最初に悪いところ。まず熱い。とにかくすぐ熱くなる。平気でSSD50度超えます。なので、タブレットPCとして使う方は少し注意しなければと感じた。次にSSDの速度。まあ遅いわけではないんだけど、SATA接続のSSDだから将来性はかなり少ないので注意。今はもっと早いSSDが出てきてるから少し物足りない感じがする。何年も前の製品だから仕方ないけど。あとは、フルサイズのUSB端子がせめてもう一個ついてたらめっちゃ便利だった。惜しい。

次にいいところ。タブレットとしては申し分のない性能だね。まあどっちかって言うとノートPCなんだけど、とりあえずサブ機としてこれ一台あれば大抵なんでも出来るってのが素晴らしい。あとは周辺機器の多さだったり、軽さや画面の解像度も他のタブレットPCの先を行ってるね。正直そこら辺のノートpcならSurfaceには勝てないだろうし。買って損はないものだと思う。

結論からして、自分にとってはいい買い物になった。まさに最高のサブ機を手に入れた。流石にメインPCを持ってない人がこれだけで何かしようってのは無理があると思うが、サブとしてならかなり大きな範囲をカバーしてくれると思う。まだセールは続いてると思うので、気になった方は見てみてほしい。