WS1100をけっこうまじめに弄くったお話

 

お久しぶりです。しばらくネタがなくて更新していませんでしたがネタが出来たので軽く投下しておきます。

今日のネタは、前回ご紹介したヘッドホン「WS1100」の改造です。改造と言っても大したことはやっていないんですが。

なにをやったのか軽く箇条書きしますと、

・ケーブル両出し化

・ベントの加工

・内部配線材変更

・リケーブル

・ハウジング加工

などです。かなり大まかですけどね。他にも触りながら弄くったところもありますが、まあこんなところです。リケーブルはとりあえず音が出りゃいいやってことで(ヘッドホン用のリケーブルを持っていなかったので)、PCOCCに中華プラグで適当にこしらえました。撚りも適当です。完成品がこちら。

f:id:dogna:20160601221529j:plain

はい、正直既成品を見たことある方じゃないと気づかないですね。見た目は殆ど変わっていません。外見から確認できるのはケーブルが両出しになっていることぐらいですね。

さて、中身を弄くったことによって音はどうなったのか。

端的に言いましょう。これはやべえ。マジハンパねえ。

正直リケーブルしたケーブルがPCOCCなのでその音がかなり出てしまっていますが、ケーブル変えたらとっても面白いことになる予感がします。

自分だけでなく色々な方が「高域が(自主規制)」と口をそろえていっておりましたが、相当改善されました。元々中に入っていた配線材が見るからにアレだったのでそらそうやって言う感じですが。ちなみに何に変えたかはヒ・ミ・ツ(はぁと)。まあ聞かれりゃ答えますがね。正直ここで書くと「なんでそんなの使ったのwww、情弱かよwww、◯◯(自主規制)www」とクソリプが来ること請け合いなので・・・。とりあえず聴いてみろよ!とは思うんですけどね。まあ仕方ないです、そういう空間なので。

どんな感じになったかというと、中低域はある程度そのままに、ただ高域が改善されたという感じです。人によっては高域がしっかりしたことによって相対的に低域が少なくなったと感じる方もいらっしゃると思います。ここは個人と音源との相性によると思います。

正直エージングがまだまだ全然足りてないので詳細なレビューはまた時間がたってからになるとは思いますが、自分がこのヘッドホンに感じてた悪い点はほぼほぼなくなりました。後はリケーブルしてあげれば完璧かなと思います。

次回以降は中華イヤホンのレビューが続くと思います。色々届いたので。

何かこの改造について質問等あればコメント欄なりTwitterなりで聞いていただければ出来る限りお答えします。では。

 

IBM CD-400を改めてレビューする

 

今回は趣旨を変えて、私のPCDPの紹介をしたいと思います。

PCDPっておそらく聞き慣れない方もいらっしゃるんではないかと思うのですが、「Portable CD Player」の略です。要するに持ち運びできるCDプレイヤーです。一昔前は主流でしたが、今現在はまあ現行で売られているものも殆どなくなってしまいました。ちなみに830Z(リンク:https://www.amazon.co.jp/dp/B00RYT3W2S)というPCDPはまだ現行で売られています。気になった方は試してみては。

今回ご紹介するのは830Zではなく、IBMのCD-400というCD-ROMドライブになります。厳密に言うとPCDPではないんですが、まあ持ち運べてCD聴けりゃもうPCDPでええやんとか思います。

CD-400は某PCDP界隈の怖い人(紹介は割愛)のオフ会に拉致された参加させていただいた時に聴かせていただいたもので、そのオフ会のあと急いで探してオークションに出回っていたものを札束で殴って落札したものです。そのぐらいこいつの音には驚かされました。

f:id:dogna:20160526130110j:plain

毎度のことVermilion+335DWのセットです。これだと全く全体がわかりませんね(笑)

f:id:dogna:20160526130528j:plain

雑な写真で申し訳ないですが全体です。上の段々になってるところには単3電池が6本も入ります。そのくせ3時間ちょいぐらいしか電池は持たないのでかなり燃費は悪いです(笑)

PCDPとしての最低限の機能は備えています。勝手に蓋が開かないようにロックできるようにもなっていますし、使い勝手は悪く無いです。また、耐震性が比較的良くて持ち運びながらでも意外と聴けます。難点としてはやはりデカい、重いといったところでしょうか(笑)。ただ個人的にこの見た目が非常に気に入っているのであんまり気にならないですね。カフェで使ってるとめちゃくちゃ見られますが。ちなみにラインアウトついてます。アンプつなげて遊んでも面白そうですね。

さあ、じゃあ音はどうなんだって話ですよ。端的に言うとフラットな音です。こういったCD-ROM機は大抵こういう音になるんですがね。言ってみればリファレンスになる音です。味付けが一切ない。ちゃんと地に足ついた鳴り方をしてくれます。なので自分はこいつをいろんな機器の試聴用で使ったりしています。機器のいいところと悪いところをめちゃくちゃ出してくれるので。普段自分が好き好んで聴いている音とは全く異なる音ですが、こいつに関してはとても気に入っております。俗にいう「原音忠実型」に近いのではないでしょうか。ただ、自分が嫌いな「徹底的なモニター」の音ではないので聴きやすいです。

こいつを手にしてからあらゆる「原音忠実型」と呼ばれるプレイヤーを聴いてみましたが、まあこいつを超えるものはありませんでしたね。あるなら持ってきてくださいな。煽りとかじゃなくてマジで。AKなんて足元にも及ばないですから。

まあここでAKなんかを比較対象に持ってくるのはどうかと思うのですが、原音忠実を謳ってるプレイヤーでAKがたまたま浮かんだので。他意はないです(多分)。

まあ機会があったら試聴してみてください。驚きます。

 

 

HZ Sound HZ3を購入した話

 

最近暑さがとどまることを知らないですね。すっかり夏です。

本日ご紹介するのはまた中華イヤホンです。HZ SoundというところのHZ3というイヤホンです。友人への誕生日プレゼント用に購入したのですが、友人が「レビューに使っていいよ」と言ってくださったのでご厚意に甘えてレビューさせていただきます。ありがとう友よ。

外箱はこんな感じ。

f:id:dogna:20160520163807j:plain

なかなかおしゃれです。というのも、今回友人への誕生日プレゼントするイヤホンをHCKさんに相談したところ、「このイヤホンええで。あ、プレゼント用ならパッケージ今バルクしかない扱いになってるけど特別に化粧箱付きの方送ったるわ。いつも買ってくれるし。」とのメッセージを頂戴し、この箱で送ってくださったという経緯があったんです。毎度HCKさんにはお世話になっておりますほんとに。ありがとうございます。

まあその箱を最初に開けるのは私になってしまったわけですが、まあそこはご愛嬌ということで。開けるとこんな感じです。

f:id:dogna:20160520164415j:plain

普通にオシャンティーでカッコええやん。ただ、あまり高級感は無いです(笑)。まあ中華イヤホンに高級感はあまり求めてないのでいいんですが。中身を出すとこんな感じです。

f:id:dogna:20160520164611j:plain

暗い…。写真の腕も上げていかなければならんですね。本当はカメラほしいんですが、お金がなさすぎてあれです…

中身の紹介しますね。このプラスチックのハードケースはなかなか使い勝手いいんではないでしょうか。暗くてよくわかんないかもしれませんが中にスポンジもあって衝撃にも強そうです。イヤーピースはいろんなサイズの普通のイヤピとフォームチップが付属しています。あとは耳かけの補助具もついてきましたね。これなかなかいいんですよね。右奥に見える黒い塊はクリーニングクロスです。では本体を見ていきましょうか。

f:id:dogna:20160520165125j:plain

本体です。ハウジングがプラスチックなのであまり高級感はないですが、安っぽい感じもしないのでなかなかいいんじゃないでしょうか。中が少し透けて見えるのもいいですね。

f:id:dogna:20160520165313j:plain

暗くてわかりづらいですが裏面です。そんなにハウジングは大きくないですね。

はい、では肝心の音質です。今回はBabyfaceに直で軽く聴いてみました。

中低域がダイナミックとは思えないほどクリアで好印象です。低域のパンチもしっかり効いていて、流行りの重低音みたいな低域ではなくしっかりとまとまった低域という印象です。

ただ高域に関しては結構聴いていて辛いところがあります。ハイハットや高い女性ボーカルはあんまり向いてないかなあと。ただこれに関してはエージングが進めば変わってくるかなあと思います。今後に期待です。

装着感もかなり良好です。もともとあまり大きくなくて軽いのもあって耳に収まりやすいです。イヤーピースも非常に良い感じで、今すぐ変えたい!というような感じではありませんでした。ケーブルの着脱ができたら面白かったなあとは思いますが。

なかなかいい機種だと思います。あとは鳴らしこんでからどう変化するかですね。楽しみです。

友人、喜んでくれるといいなあ。

 

 

Brise Audioのミニミニケーブルが当たった話

 

実はだいぶ前の話なんですが、リクエストがあったので記事にしたいと思います。

最近話題になっているのですでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、BriseAudioさんというメーカーがあります。HPのリンクを貼っておきますね。

Brise Audio ブリスオーディオ

以前BriseさんがTwitterキャンペーンなるものをやっていまして、内容は「試作段階で制作したケーブルを使って作ったミニミニが当たる」というものでした。これは熱い。すぐに応募しました。ただその時は正直言ってBriseさんの存在を知らず(ゴメンナサイ)、ミニミニがあたって初めていろいろ調べ始めました。最近はイヤホンのリケーブルなども作っておられて、今後が非常に楽しみなメーカーさんです。

さて、Briseさんが作っておられるミニミニは4種類ありまして、上位からMURAKUMO、MASAMUNE、SHINKAI、OSAFUNEとなっています。が、今回頂いたケーブルはこんな感じで

f:id:dogna:20160519131744j:plain

おそらく層の構造を見る限りSHINKAIと同グレードだと思います。ただポリエステルフィラメントはMURAKUMOなどのものだと思われます。なので値段はつけにくいですね。おそらく相当いいお値段すると思います。細かいところ見ていきましょう。

f:id:dogna:20160519132351j:plain

プラグはSHINKAIグレードのものですね。基本はSHINKAIで細かいところが製品版とは違うところがあると考えて良さそうです。高級感ありまくりですね。

さて、ここからが一番大事な音質のお話です。

正直言ってめちゃくちゃいいです。いやもちろん低域ガー中域ガー高域ガーって話もするんですが、端的に言って「ヤヴァイ」です。

フォーカスは中低域かなあと思います。ただ高域もめちゃくちゃ綺麗に出ます。もちろん環境との相性もありますが、伸びまくりです。銅の自然な高域が滑らかに綺麗に伸びていくので、音に違和感が無いです。中低域の質感、量感も素晴らしく、非常に豊かです。音場は狭すぎず広すぎずといったところでしょうか。ちょうど聴きやすい塩梅ですね。自分は銀の音がもともとあまり好きではなく、昔から銅の線材を使ったケーブルばかり使っていましたが、正直言って今まで聴いた中で1,2を争うレベルです。こりゃーイヤホン用のリケーブルも気になってきたぞー。今はお金ないから買わないけど。

まあ正直こういうべた褒めなレビューはあまりしたくはないのですが、こればっかりは弱点が見つからないんだから仕方ないですね。非常に良いケーブルです。上位モデルは環境揃えないとあんまりよろしくないみたいですが、このモデルに関しては環境を選ばず満足できるモデルなんじゃないかと思います。是非皆さんお試しいただきたいと思います。

ただまあ強いてあげるとしたら硬いです。公式では取り回しはそこまで悪くはないと言われていますが、正直厳しいです。マジでピンセットですから。まあでも実用範囲内ではあるのであまり気にしてないです。

あ、この記事は別にタイアップとかじゃないですよ!ステマじゃないよ!でも良いケーブルだからみんな買おう!(ダイレクトマーケティング)

あとオーディオ機器に関してはどんなものでも出来る限り1回は自分の耳を通して買おうね!できないもんは仕方ないけども!お兄さんとの約束だぞ!

ではまたお会いしましょう。さようなら。

 

ATH-WS1100を衝動買いしたお話

 

はい、どーにゃです。本日はヘッドホンの話題です。

自分は余りヘッドホンを使わない人なのですが、つい惚れ込んで買ってしまいました。それがこちらのヘッドホンです。

f:id:dogna:20160516162144j:plain

オーディオテクニカのヘッドホン、ATH-WS1100です。見た目めちゃくちゃかっこいいですね。

実は自分、オーディオテクニカの音が大嫌いなんです(笑)。なんですが、この機種に関しては中低域がかなり自分好みだったのです。音質については後述致しますが、まあこのヘッドホンについては特別です。

付属品はシンプルで、本体と説明書、1.2mのケーブルにポーチとなっております。余計なものがごちゃごちゃついてこなくて自分的にはいい感じです。ケーブルはロック機構などはなく、普通の3.5mm-3.5mmなのでリケーブルが可能な点もポイントです。ただ、ヘッドホン側のプラグは奥までささる形状のものではないとしっかり挿し込めないと思いますので、リケーブルする前にちゃんと奥まで挿し込めるか試してから購入しましょう。

次に装着感です。

f:id:dogna:20160516163233j:plain

今回初登場の牛さんです。あまりの装着感の良さに眠そうですね。

このヘッドホン、イヤーパッドにめちゃくちゃこだわっていて装着感がめちゃくちゃいいです。ヘッドホン自体もそこまで重くないので長時間つけていても疲れにくいです。ここまでは正直に言って完璧です。

さて、ここからが問題の音質です。環境はいつもどおりX5 2nd→Mojo→Kojo KM01-Fire Goldです。

まあなんといってもこの中低域です。ここに関しては普段のオーテクを知ってる人からしたら「!??!?!!?!??!?!?」な音だと思います(いやマジで)。割と自分の理想に近い音を出してくれて、かなり好みです。Eric Claptonなんか聴くと本当に相性が良いです。ただ残念なことに「中低域だけ」なんですよね・・・、高域がまあアレなんですよ・・・。ほんとに中高域が凄まじいだけになんでこんな高域になってしまったのかと。高域が全てを無にしてしまっていると言っても過言ではないです。某金色のマークのためにこんなことになってしまったのなら残念で仕方ないです。これは鳴らしこんだ方も同じような印象だとおっしゃっていたので多分どうしようも出来ないでしょう・・・。

まあなのでこうなったらやることは一つです。Modifyです。この腐った高域を叩きなおしてやります。今は時間とお金がないのですぐには出来ませんが、いずれ近いうちに諸々の改造を施してやりたいと思います。高域の音以外はほぼすべて100点なので意地でもどうにかしてやろう・・・

後はベントが空き放題なので、密閉型とはいえど音漏れがめちゃくちゃします。外でガンガン使うのは難しいかもです。まあ自分は室内でしか使わないので問題無いですね。

最後に写真を。見た目かっこ良いよなあほんと・・・

f:id:dogna:20160516165210j:plain