KIMBER KABLE 4TC-ANでWS1100KAI用のケーブルを作ったお話

 

かなり久々の更新ですね。やっと更新できるようなネタを作ったので更新したいと思います。「どうせブログ飽きたんでしょ」とか心ない誹謗中傷が飛んできそうですが、ご安心ください。ネタに出来るネタがなかっただけです。

今回は自作ケーブルの話題です。オーディオ関係の自作は今年の4月に始めたので早5ヶ月ですか、駆け出しの初心者です。初心者なりに色んなモノ作ってたりします。

かなり前の話ですが、オーディオテクニカのヘッドホンWS1100を改造する!という趣旨の記事を書いたと思います。あの反響が意外と多く、「どうせならちゃんと外で使える用のケーブル作ってみたら?」とのお言葉をいただき、今回製作した次第です。

ちなみに前回の記事はこちら。

dogna.hatenablog.com

ちなみに中身はここから変えてないです。結局最初の構成に落ち着きました。弄り過ぎもよくないと学びましたね。

さて今回はどんな線材を使ったのか。今回は真面目ですよ。ハイドン!

f:id:dogna:20160828215956j:plain

KIMBER KABLE 4TC-ANです。流石に上位の線材だと高すぎて私めのような一般庶民にはとても手の届かない価格帯のものなので今回はこちらの線材をチョイスしました。

え?どこがまともなケーブルなんだって?いやこれまでに作ってきたケーブルの中ではかなりまともにポータブル用に作った方です。太すぎないし、取り回しも悪くないし。そもそもオーディオ用の線材でケーブル作ったの久々でハンダ付けの簡単さに感動しました。

黄色のマスキングテープが巻いてあるのは左右の目印です。赤の熱収縮チューブの在庫をちょうど切らしていたのを失念していて、「まあわかりゃいいか」とペタッと巻いておきました。

ヘッドホンに合わせるとこんな感じです。

f:id:dogna:20160828221150j:plain

見た目普通に綺麗でしょ。まあKIMBER自体SONYのMDR-Z7用にケーブル作ってたりするので特に変態感は感じないですね。

では音を聴いてみましょう。環境はこんな感じで。

f:id:dogna:20160828221514j:plain

 

 

試聴ってのはみんなが持ってる当たり前の環境で判断するのがわかりやすいと思うんですよ。なのでIBM CD-400で聴いてみることにします。音源もみんなが知ってて持ってる音源で判断するべきだと思うので、おそらくどんな人でも聴いたことがあるであろうKIDA-116 「残酷な天使のテーゼ」です。

音の感想は、随分中高域が厚くなったな、という印象です。もちろんこのヘッドホン本来の低域と高域も残っているのですが、中高域の厚みが出来てとても面白い音になりました。結構いろんなジャンルに合うんじゃないかなあと思いますね。これはぜひとも色々な方の環境で聴いてみたいと思わせる音になりました。

もはやWS1100だと思わないほうがいいですね。今度ヘッドホン売り場においてあるWS1100と改めて比べてみようと思います。

リケがこれで終わりってわけではないですが、とりあえずこんなトコで落ち着けようかなと思います。見た目も音も悪くないのでこのまま使っていく予定です。まあ他にも面白い線材があったら教えていただけると嬉しいですね。

今回はこんなところにしておきます。また使ってて気づいたことなどあったら記事にしたいと思います。

あとは「PC関係の記事も書いてよ」とのリクエストを頂いたりしたのでOC関係の記事とか書いても面白いかもしれないですね。需要は0ですが。そんなことを言ったら今までの記事に何か一つでも需要があったのかって話ですね。ないです。

ではまた次回の記事でお会いしましょう。さようなら。

E1 Classicを真面目にレビュー

 

別に前回ふざけてたってわけじゃないですよ。本腰入れましょうってことです。

前回から間が空いてしまいましたが、E1Classicのレビューをしたいと思います。何時間も聴いて思ったこと、感じたことを書いていきたいと思います。

簡潔に言いましょう。こいつはヤヴァイ。言ってみりゃバケモノです。今までヘッドホンから出ていた音は一体何だったんだろうと。

GRADOのFG-1を聴いた時にはただただ感動するばかりでした。ヘッドホンが間違いなく「鳴らせている」のです。パワーが云々どうこうではなく、体でわかるのです。この感覚をうまく文字にするのは難しいですが、繋いだヘッドホンを最大限活かす事ができるアンプ、それがE1Classicだと感じました。「どんな音?」と言われたならば「そのヘッドホンの音」としか言えないのです。そのヘッドホンの本来の音を余すこと無く引き出してくれるのです。これはUltrasoneのSignatureDJを繋いで聴いた時に感じました。このアンプにSignatureDJなんて・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。違うのです。そういった常識をすべて打破してくれるのがこいつなのです。「ああ、これがSignatureDJの本気なんだな」と、しみじみと感動しました。今でも耳に残っています。

このアンプにはどんなヘッドホンが合うの?とかじゃないんです。「こいつさっきからおんなじことしか言ってねえな」とか思ってるそこのアナタ。聴いてみればわかりますよ。この音を聴いたらみんな語彙力なくなります。なにかこう、越えられない壁を突き破られた感が半端無くて、自分の環境に絶望し、今までやってきたことや買ってきたものは一体何だったんだろう・・・というとこまで行きます。まあ据え置きなんでポタとは別次元の話なんですけどね。

デザインも素晴らしく、インテリアのようです。つまみにも高級感がありますし、なんといっても金属が美しいです。

一つだけ、一つだけ物申すなら、DACは外部の物のほうが間違いなく良いと思います。別にこいつに載ってるものが悪いとは言わないんですがね。こいつはDAC内蔵モデルでしたが、DACがついていないモデルもあるのでそちらに外部のDACを合わせて使うと良いかなあと感じました。

こんなものもやってみました。

f:id:dogna:20160714001659j:plain

お座敷爆音上映と勝手に命名しこの環境で鑑賞いたしました。感想?

ガルパンはいいぞ。

もしかしてE1ClassicとFG-1はこのために生まれてきたのでは(そんなことはない)と思うくらいパーフェクトな組み合わせでした。また観てえ。

いやー、最後に読み返してもいつにもまして語彙力が無いですな。それぐらい素晴らしいものなんです。世界で何人の方が所有しておられるかわかりませんが、ぜひこの記事を読んでいるあなた、このアンプのオーナーになってみてはどうでしょうか。

以上、私史上最高のヘッドホンアンプE1Classicと私史上最高の開放型ヘッドホンGRADO FG-1のご紹介でした。ご拝読ありがとうございました。

 

E1Classic&FG-1を聴いたった話

 

来ちゃいましたよ。

この間TLの某すげえ怖い人に「ブログネタにお困りのようですね。何か送りましょうか?(ニッコリ)」と話しかけていただいたので送っていただきました。ありがとうございます。

f:id:dogna:20160702150453j:plain

はじめてみましたよこんなペリカンケース。重すぎるわ。

f:id:dogna:20160702150605j:plain

パカリ。これだけじゃわかんないっすね。

f:id:dogna:20160702151027j:plain

とりあえず本来送っていただく予定だった、GRADOのFG-1です。「開放型はやっぱり家で聴いた方がいいっしょ?」とのことで送っていただきました。ちなみに定価が約70万円とのことです。手が出ませんね・・・

ここまでならまあ、「高いヘッドホン借りたんだなあ」で終わりなのですが、もう一つお願いして送っていただいたものがございまして・・・、こちらです。

f:id:dogna:20160702151336j:plain

これ、知ってる方どれくらいいらっしゃるのでしょう・・・、Re・Leaf E1 Classicです。据え置きのDAC搭載ヘッドフォンアンプでございます。お値段なんと、税込2052000円です。桁間違えてないですよ?車が買えますね・・・。自分が細かいことダラダラ話すよりHP見たほうがわかりやすいと思いますので貼っておきます。

E1 DAC搭載ヘッドフォンアンプ RE・LEAF株式会社←E1ClassicのURLです。よろしければご検討ください()

その他送っていただいた物をささっと。

f:id:dogna:20160702152053j:plain

純正スタンドとドライバが入ったUSBメモリをわざわざ入れていただきました。何からなにまでありがとうございます・・・

f:id:dogna:20160702152309j:plain

電源ケーブルです。もうなんと突っ込んでいいかわかりません。やばそう()

f:id:dogna:20160702152424j:plain

USBケーブルと6.3mm→3.5mm変換です。左下のifi audio iPurifier DCは電源ケーブルからのノイズをカットしてくれるそうです。

とりあえず送っていただいたものはこれで全てです。

・・・詳しい音のレビューは次回にさせていただきます。とりあえずもっと聴き込みたいです。

軽く鳴らしてみた印象では、「ヘッドホンの実力を最大限に発揮する」というような印象を受けました。SignatureDJ本気で鳴らすとこんな音出るんだ・・・と本気で感動しました。FG-1との相性も最強にいいです。中低域に特徴のあるヘッドホンとMAX相性いいですね。

正直今は音に感動しすぎて語彙力がないので、明日明後日に詳しいレビューをしたいと思います。

FG-1も開放型とは思えない素晴らしい低音ですね。開放型でここまで出るものってほとんど聴いたことが無いです・・・、欲しい(買えない)

最後に。総額数えたくもないウン百万のセットを「いいっすよ~」と送っていただいた平凡さん(冒涜的な平凡 (@Arubuzov) | Twitter)、本当にありがとうございました。普通こんな高額なもの送っていただけないと思います。平凡さんのシベリア平原より広い心に改めて感謝したいと思います。ありがとうございました。

では次回の音についてのレビューをお楽しみに。

 

 

 

 

SignatureDJを某怖い人に買わされた話

 

怖い人は、怖い。

最近オーディオ関係でお世話になってる怖い人がいらっしゃいまして、その方に「ゾネホンはいいぞ」と言われてEdition9改を聴かされたのが運の尽きでした。どんどんゾネホンの魅力にハマってしまい、ついに私もゾネホンユーザーになってしまいました。恐ろしや。

買ったのはこちら、SignatureDJです。フジヤエービックでちょうど中古品の決算セールがやっていて47900円で購入することが出来ました。つっても新品は10万近辺するわけで・・・怖。一気に開けていきます。

f:id:dogna:20160621230455j:plain

f:id:dogna:20160621230544j:plain

f:id:dogna:20160621230640j:plain

ケースは他の上位モデルなんかと同じですね(もっと言えばハウジングの見た目なども似てますね)。SignatureDJの中古はだいたい黄ばんでるものが多い(仕方ない)のですが、今回私が購入したものは黄ばみがほぼなく、新品に近い状態でした。これはラッキーでしたね。なんせ新品に近いものをこの値段で購入できたので。

キズ等も特に無く、ケーブルなどの付属品も全て完品でした。これはいい買い物だった。

そしてもしかしてと思って音を聴いてみると・・・

 

かってえ。これ全然鳴らされてない。

 

某イヤホン専門店においてあった試聴機の音が結構良かったのでびっくりしましたが、「はじめはこんな音なのにあんなふうに進化するんだ・・・」と少し感動してしまいました。

なのでまあ音質レビューや使い勝手についての話はまた後程行いたいと思います。流石に今の状態で評価できないなと・・・、低域に関しては今の状態でもいい感じで鳴ってくれているんですけどね。じっくり熟成させたいと思います。

装着感は相変わらず素晴らしいですね。イヤーパッドとヘッドバンドともに素晴らしいです。これからの季節は厳しいかなあとか思いますが・・・

取り敢えず今日はこんな感じで。また次回お会いしましょう。

 

Z2000をしばらく使ってみて

 

最近完全にオーディオの人になってますね。どーにゃです。

今日は中華イヤホンのレビューです。いつものようにHCKから購入したものですが、けっこう良かったのでご紹介。タイトルにもある通り、Z2000というイヤホンです。画像はこちら。

f:id:dogna:20160615213424j:plain

f:id:dogna:20160615214257j:plain

すでにイヤピをFinalのものに交換しております。このイヤピ大好きなんですよね。リケーブルはとりあえず付属のものがあまり良くなかったのでHCKで取り扱われているケーブルを挿してます。

音の傾向は結構素直だと思います。高域が思いの外綺麗でびっくりしました。悪い点は音の”響き”が歪んでいる感じがするところですね。ハウジングの影響だと思うのですが、かなり惜しいなと主ます。これは殻割りワンちゃん?(ない)

バランスがいいのでいろいろな音源を聴くのにいいんではないでしょうか。近所に買い物行くーとかいう時にとりあえず持っていくように良いかなと思います。自分はラーメン食いに行く時とかにX5 2ndに挿して使ってます。

ケーブルは変えることをおすすめします。相性的には銅線でしょう。

17ドルとは思えない音が普通に出るので面白いです。なかなかに買いだと思います。ぜひお試しあれ。

短めですがここらへんしておきます。では。