KZ ZS5を軽くレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽くです。軽く。ガッツリではありません。

広告




今回はKZ ZS5のレビューを簡単にしたいと思います。

例のごとくまだエージングも済んでいない状態なので今後どうなるかは不明です。あくまで現時点で。

・開封

今回はリケーブルも一緒に送っていただきました。

パッケージはいつもどおり。

付属品類。

KZに・・・ちゃんとUSER GUIDEがつく時代になったんですね・・・。

・デザイン

もう正直突っ込まれまくってるのであえて何もいいません。アレです。

色はもちろん青。

 ・リケーブル

線自体は正直中華の安っぽいアレです。ケーブルスライダーもついてないです。

・音

よく言うと「面白い」、悪くいうと「使いにくい」って感じですかね。

まずボーカルが遠い。悪い意味でのライブ感みたいな音場です。

ローは出ます。この辺はKZっぽい感じの出方ですね。

ハイは伸びない・・・というより、ある一定のとこから上は出ません。

面白いなーと思うのは、ボーカルが全てハスキーボイスになること。クソ面白い。

音で個体差がある・・・と一部界隈で話題ですが、まあ確実にこの手の製品はドライバー配置や配線がバラバラだったり、結線も精度が悪かったりするのが原因でしょう。つまり、割って直せば十中八九良くなります。

そんなわけで、諸々の最適化等が済んだらまた記事にしようかなと思います。そんな期待を込めての軽くレビューでした。

広告




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*