PC(自作・ハードウェア関連)

MAXIMUS IX APEXを輸入した話

先日、人生で初めて歯がかけました。大好きな軟骨をボリボリ食ってたらですね、ガリっといってしまいました。明日歯医者行ってきます。トホホ…

続きを読む

私がASRock Z170M OC Fomulaを推す4つの理由

 

アフィブログにありそうなタイトルですね。残念ながら私はどこからもお金を頂いておりませんが・・・

「圧倒的な力(金)が欲しい!!!」今日このごろです。皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近頂いたご意見の中にこんなものがありました。

「どーにゃさんのブログ、なんか子供っぽくない?」

 

・・・そういう風に書いてんだよっ!

 

私がかっちりした文体で文章書いちゃったらそこら辺のニュースサイトと変わんないじゃないですか。こう、皆様には私のブログはぜひまったりとしていただきながら読んでいただきたいのです。ちゃんと書こうと思えば書けるのよ!ほんとよ!

実は、こういう感じの「崩しながらもちゃんと情報や意図を伝えることができる文章」って、書くの意外と難しいんですよ。崩しながらのほうがよりダイレクトな意図が伝わりやすいのですが、その分ねじ曲がって伝わってしまう可能性も高いので。

今はこの文体を変えるつもりはありません。これからもぬるくやっていきますよ。

 

前置きが長くなりました。

 

 ASRock Z170M OC Fomula、通称”MOCF”と呼ばれていますが、今回は「何故このMOCFが半ば神格化されているのか」について書いていきたいと思います。ただ、例のごとく目に見えてわかるスペックは色々なところで紹介されていると思いますので、ここでは「実際に競技で使ってみてスゴイ!と感じた点」について書いていきたいと思います。

 

何故このタイミングなのか。

 

最近、色々なイベント然りプライベート然りで、「色々なマザーボードを使ってオーバークロックする機会」がありました。当然、様々なメーカーさんのマザーボードを使わせていただいたのですが、その中でもASRockのマザーボードは飛び抜けて優秀でした。

こういうことは他のものを触ってみないとわからないことが多いです。留学生が海外に憧れて海外留学して、帰ってきたら「やっぱ日本って神だわ」と実感する、という現象に似ていますね。一度そこから離れてみて、違う視点でものを見てみるというのはどの世界でも必要ですね。

話が逸れましたが、そのようなわけでMOCFの凄さを再認識したわけです。では、何が凄いのか。本題に入っていきましょう。

 

1.BIOSがスゴイ!

MOCFを起動してみてすぐわかるのは、設定項目が非常によくまとまっているところです。他社さんのマザーボードだと「なんでこの項目がこんなところにあるの!?」というようなことが多々ありましたが、MOCFに関しては然るべきところに然るべき設定項目が鎮座しておりますので、一分一秒が争われる競技オーバークロックの最中でもBIOS画面で迷子になってしまうことはありません。「慣れているだけでしょ」との突っ込みがあるかもしれませんが、いくら使っても慣れないBIOSもあるんですよ。そういう意味では「使っていれば慣れるBIOS」っていうのは凄いことなんです。

また、項目も非常に洗練されています。余計な項目はほとんど省かれており、必要な項目だけが並んでいます。もちろん出来ることは多い方がいいのですが、競技中はハッキリ言って邪魔な項目になってしまうことも多々あります。そういった意味では本当に競技向きによく作られているな、と実感します。

 

2.プリセットがスゴイ!

BIOS周りでもう一点。付属しているプリセットがめちゃくちゃ豊富です。特にメモリ周りに関しては現状世の中に出ているマザーボードの中で最強だと断言できます。このプリセットを読むだけでとりあえずCPUの足を引っ張ることはない・・・と言えるぐらいです。CPU周りのプリセットも充実しています。初心者には嬉しいですね。

 

3.メモリオーバークロックの耐性がスゴイ!

MOCF最大の特徴です。前述のメモリオーバークロックのプリセットもそうなのですが、そのプリセットを読み込んだら「動いてしまう」マザーボードなんです。もっと言ってしまえば「XMPはほぼ確実に動く」マザーボードです。以外にコレってスゴイことなんですよ。XMPがまともに動かないマザーボードなんてたくさんあります。

競技オーバークロックの世界は「スコア」の戦いでもあります。いくら「CPUが◯GHzで動作した!」とか「メモリクロックが◯MHzで動作した!」といったところで「で、スコアは?」って話なんです(もちろん趣味でやるときは別ですよ。大会によっては周波数競う場合もありますし)。HWBOTなどを見ていただければわかると思いますが、基本的に「スコア」で順位が並べられます。

「スコア」を出すためには何が必要になるかというと、「システム全体のパフォーマンス」です。CPUだけいくら伸ばしてもだめだし、メモリだけいくら詰めてもダメなんです(片方しか使わないベンチマークソフトは別)。全てのパーツのバランスが高いレベルで揃ったときに初めて良いスコアが出るわけです。

もうおわかりですね。「スコア」を出すにはメモリのオーバークロックが必要不可欠なのです。

だからこそ、メモリオーバークロックさせたら世界最強クラスなMOCFを推すわけです。

メモリのプリセットで入っているもので一番上のものは「Samsung B-die DDR4-4000 CL12-12-12-28-220-1T 1.85V」というものです。このプリセットが平然と動くマザーボードは野原ひろしと言えどMOCFとASUSのM8Iぐらいなものです。もちろんメモリによっては動かないメモリもあるでしょうが、それはメモリが悪いという話です。MOCFで動かないなら諦めましょう。

 

 

要するに、MOCFは「パーツのポテンシャルを最大限引き出せる」マザーボードなのです。マザーボードがボトルネックじゃなくなるというのはスゴイことなんです。まあ、APEXの情報がでてくるにつれ若干MOCFの立場が揺らぎつつはありますが・・・

 

4.安い

今2万円切ってます。私も予備で3枚目を買ってしまいました。コレだけのことが出来て2万切りはヤバイでしょ。

 

こんな感じでどうでしょう。正直言って何を今更な話ではあるのですが、MOCFの紹介をしてみました。もし購入をご検討なさってる方がいらっしゃいましたら、是非。私に一銭も利益はありませんが・・・

 

 

自分のメイン機について

 

どうも、Dognaです。
先日、少しメイン機の話をしたので、自分の自作PCのスペックや環境について書きたいと思います。この記事は自分に対しての覚書のようなものなので、つまらないかもしれませんが、ご容赦ください。

早速ですが、スペックをサラッと表にまとめて書いていきますね。ちなみに自作したのは2015/3/22です。

CPU:intel core i7 4790k
CPUクーラー:サイズ 阿修羅
M/B:ASUS Z97 Pro Gamer
メモリー:センチュリーマイクロ DDR3L-1600(型番とかメモリタイミングとか詳しいスペックは忘れてしまった・・・)
PSU:ENERMAX RevolutionXt 730w (80plus Gold)
GPU:Nvidia Geforce GTX980 (MSI Twin FrozerV)
SSD:Crucial MX200 CT250 (250GB)
HDD:Toshiba MD01ACA200 (2TB)
光学ドライブ:LGのバルク品。1700円くらいの安物。
ケース:CoolerMaster CM690III

とりあえずこんなトコですかね。構成を見てわかる方もいらっしゃると思いますが、2015の春にハイスペックゲーミングPCを組もうと思ったらこの構成になるよな、っていう構成だと思います。では順番にスペックの解説をしていきます。

まずはCPU。言わずと知れた名機・4790kを使っております。あの時期にハイエンドゲーミングPC組もうと思ったらこうなりますよね。5820kとも迷ってはいたのですが、予算的にX99とDDR4は諦めました。今のところ4790kで不便はないです。
OCについてなんですが、CPUクーラーは安くて冷える大型クーラーの阿修羅を使用しているので、ある程度のOCをしています。常用だと今のところCPU-Z読みで4.5GHzでOCしています。どう頑張っても4.6GHzにするとOCCT通らないんですよね。なので諦めて4.5GHzで回しています。

マザーとメモリについてはこだわりとかはありません。マザーの方は当初OCをそこまで本気でやらない予定だったのでこちらを選びました。オンボードの回路が値段の割に良いので、高コスパだなあと思って選んだ記憶があります。メモリーも、たまたまその時セールで安くなっていて、しかも低電圧メモリだったのでこちらを選びました。

電源なんかは本当に適当です。700wぐらいのプラグイン電源でGold認証以上だったら何でもよくね?と思って探したらこれがあったのでこれを買いました。結構良い電源だと思います。不調なんかこれっぽっちもありません。

さて、GPUです。最初980か780tiで迷ってたんですが、まあワットパフォーマンスとOCした時の伸びを考えてこの先考えると980かな、と思って980を選びました。970とか960は視界にも入っていませんでした。だってしょぼいし。
MSI社製にしたのは、評価が高くて安かったからです。60度以下だとファンが回らない仕様になっているので静かですし、満足です。
しかも、実は私の引いたカードのASIC値がなんと82.3%だったんです。こりゃOCしようと、ガンガン回してたんですが、いやあ、伸びる伸びる。正確な数値は忘れてしまったのでまた次回紹介しますが、メモリクロック+100は普通にいってました。もともとOC耐性の高い900シリーズですが、こんなに伸びるとは思いませんでした。
最近はドライバーも成熟してきたので、定格で4k60fpsが達成できるようになりました(もちろん設定は若干落とさないとダメですが)。長い付き合いになりそうです。

その他のパーツに関してはほんとに書くことが無いです。その時安かったりしたものを買い集めたので、本当に何も言うことが無いです。しいていえば、ケースは前面に20cmファンが付くのがいいと思っていたのでこちらのケースにしました。

今となっては少し時代遅れ感のある構成ですが、まだ全然戦えます。6700kも出ましたが、正直すぐ変えなきゃいけないほどの性能差ではないので、当分このPCのでのり切ろうと思います。正直、自分の用途なら十分です。
アップグレードをするとしたら、多分来年ですかね。intelからはBroadwell-E、AMDからはZenが控えています。どちらも注目のCPなので、このタイミングで誘惑に負けてアップグレードする未来は割と見えてます。必要かどうかは別として。
GPUもこの先どうなるかわかりませんが、しばらくはこのままで行きます。4kゲーミングも今の状態でできなくはないので、慌てて買い替えなくても大丈夫だろうと思います。980tiは正直かなり気になっていますが・・・
次回アップグレードするときはOC前提で組むので、予算をかなり食いそうです。いまのPCから移植できるパーツがおそらくケースとストレージぐらいなので、出費も覚悟しなければいけないでしょう。

今考えてるお手軽なアップグレードは、CPUクーラーの交換です。ハイエンド空冷を試してみたい、なんて思ってます。実際そこら辺の簡易水冷よりも冷えるらしいので。4790kのポテンシャルをもっと引き出してやりたいです。まあホントは本格水冷を組みたいのですけれど、流石に金額と手間がかかりすぎてしまうので。

当分はお金がないので大幅なアップグレードはできないと思いますが、いずれすることになったらまたお知らせしたいと思います。

では。

 

surface pro 3の続き。

 

どうも、dognaです。surface pro 3、使ってます。とてもいいっすねえ。どこらへんがいいかって言うと、なんといってもこの手軽さ。ベッドで寝っ転がりながらとかお風呂でネット見る時はタブレットとして、ちょっと文字を打ちたいときは机に置けばノートPCとして。自分のライフスタイルに革命が起こりました。

まあそんなお手軽な革命が自分に起きたのですが、ちょっと使って見ながら少し設定をいじりました。いや、かなりか。

前回、発熱がかなり気になるという話をしました。で、こんだけ熱くなるなら流石に他の方も気になっているだろうと思って調べてみました。すると皆さん、レジストリ書き換えてTB切ったりダウンクロックしたりしてるんですね。その発想はなかった。

てなわけで、自分もやってみました。まずはレジストリの電源管理に関する設定のところをすべていじって、プロセッサーに関する電源プランを変更できるようにします。自分はTB切って最大80%稼働にしました。結論として、まあ発熱はすこ~し収まったかな、という感じです。とりあえずやけどしないくらいになりました。

CPUに負荷をかけまくるソフトを多分自分はsurfaceでは使わないので、省電力主義で行きたいと思います。メイン機は真逆ですけどね。

今日はこんなところで。では。