aune audio M1s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事はVenture Electronics&aune audio JAPAN Review Tour 2017のレビューシリーズになります。

第五回は【aune audio M1s】のレビューです。

広告

・デザイン

とてもシンプルで好印象です。なんとなく某歩く男を連想してしまうのは私だけでしょうか。

持ってみると大きさの割に重めです。高級感もあり、デザイン面ではかなり評価できると思います。

・操作性

物理ボタンという時点で神なんですが、UIがとてもシンプルで使いやすいです。起動とシャットダウンもとても早く、音楽プレイヤーとしての完成度は郡を抜いていると思います。ポケットの中など、見なくても操作できるのはとても嬉しいです。

・音

さて、音質です。

率直に言うと、「万人受けする音」だと思います。全体がクリアで、ローが控えめ。バランスも破綻しておらず、中華にしては珍しい音作りです。ミドルとハイの質が高いです。

そんなわけで、癖が少ないので基本的にはどの音源・イヤホンでもそこそこ合わせられると思います。

中華は結構下品なローを出す機器が多いのですが、M1sに関しては量の絶対量は出ていないものの質は低くないです。

お値段もお財布に優しいですし、価格的にはShanling M2sあたりといい勝負になりそうな気がします。

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*