遂に買えた、「Kindle Paperwhite マンガモデル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっと買いました。今まで何回か買いかけたことはあるのですが、いつも「今じゃない」「金が無い」とか言ってるうちに在庫切れになって「縁がなかったってことだな、諦めよう」ってなっていたのですが、遂に買ってしまいました。今回は開封と少し使ってみてのレビューを。

広告

・開封

まずは早速開けていきましょう。開封の儀ですね。

パッケージ。シンプルですね

ぺりぺり

パカッ!

おなじみの絵ですね

付属品は充電ケーブルとマニュアルのみのシンプルな構成

画面にこういうのが書いてあるのも電子書籍ならではですね。

初期設定していきます。

言語選択。

進んでいってWiFiの設定。

SNSアカウントと紐付けできるみたいです。今回はパス

Amazon Unlimitedの勧誘。入らないのでいいえを選択

初期設定が終わりました。

やることは普通のタブレット端末と変わらないですね。

 

・スペック

去年に発売された製品ですし今更ではあるのですが、簡単にスペックをまとめた表を作ったので載せておきます。

 

価格 ¥16,280
内蔵ライト あり-LED 4個使用
ページ送り タッチスクリーン
解像度 300ppi
バッテリー 数週間
接続 Wi-Fi
重量 205g
サイズ 169 x 117 x 9.1mm
ディスプレイサイズ 6インチ
ストレージ 32GB

・最大の特徴は大容量ストレージ

「Kindle Paperwhite マンガモデル」の最大の特徴は「32GBの大容量ストレージ」です。

一般的な電子書籍リーダーと呼ばれる端末のストレージは多くても4GB程度で、当然システム領域などがありますので実質的に使えるストレージはかなり少ないです。とはいうものの、基本的に文字だけで構成された本でしたらさほどストレスになることもなく使えるんですよね。

ただ、挿絵の多い本やマンガを読む場合は話が別です。こういった書籍は非常に容量を必要とするからですね。あっという間にストレージが埋まってしまいます。

そこでこの「Kindle Paperwhite マンガモデル」です。32GBもあればそりゃもうかなりの数の電子書籍を持ち運べます。容量に悩まされる心配は少なくなるでしょう。

・解像度は十分

文字が滲んだり絵がぼやけたり等は全くありません。必要十分な解像度だと思います。

・軽い

片手で長時間持っていても疲れないです。寝っ転がって読んだりもしますがぜんぜん大丈夫ですね。

・速い書き換え速度

この製品もE Ink端末だが、今までの製品はその仕様上「ページめくりが遅い」という問題がありました。それがこの「Kindle Paperwhite マンガモデル」では33%も速くなり、ストレス無くページめくりが出来るようになったというではありませんか。こういった細かいところって重要ですよね。

・程よいベゼル

近年はスマートフォンやタブレット端末等、「挟ベゼル化」に各メーカーが力を入れていますが、電子書籍リーダーは逆にこのベゼルがないと読みにくいです。そういった意味で、ちょうどいいベゼルの幅が確保されているのは個人的に嬉しいです。

 

とりあえず今日届いたばかりなので電池持ちや使ってみた感想等はまたの機会にしましょう。

 

電子書籍については言いたいことが色々あるのでおそらく別の記事で扱うとは思いますが、今回「Kindle Paperwhite マンガモデル」を買ったのは「自分の生活の中に電子書籍というものを導入したらどうなるのか?」というものを本気で検証したかったからというのが大きな理由です。

私は「電子書籍否定派」とまでは言いませんが、「電子書籍より紙の書籍のほうが好き」な人です。ただ、やっぱり出先に何冊も本を持っていくのはキツイですし、ふと読み返したくなったときに「どこにしまったっけ」って探し出すのに日が暮れるという経験もあり、電子書籍を試してみたい気持ちはずっとあったんですよね。紙媒体を超えるってとこまでは期待していないですが、どこまで追いつけるのか・・・。

私のライフスタイルがどう変わるのか。楽しみです。

気になった方は是非チェックを。⇩

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*