Z170M OCFでCoffee Lakeが動くようになったのでテストしました

ささすが変態ASRock。しっかりやってくれましたね。お見事。

広告

Coffee Lakeが出て半年が過ぎましたが、ようやくMOCFで動くようになりました。毎度のごとく物理的なMODが必要ですし当然保障外行為に当たるので推奨いたしませんし、今回に至ってはリスクが高いので方法の紹介も致しません。調べれば海外のOCerがやり方解説している記事が見つかると思うのでどうしてもって方は探してみてください。普通に検索したら出てくるはずです。

さて、実際にMODをして動かしてみました。

問題なく起動しました。

さて、では気になるOC耐性をチェックしていきましょう。検証環境はこちら。

CPU:i7-8700K

MB:Z170M OC Formula

Mem:GALAX GOC 2017 Final(本大会でもらったやつ)

PSU:Antec HCP-1300

CPU Cooler:Antec Mercury 360

RT:22℃

8700KとMOCFをどちらも2個ずつの組み合わせで試してみましたが今のところ大きなバグは見つからず。LN2環境下で試す必要がありそうです。

OS、ユーティリティ―、ドライバー類も問題なく動きます。XPも問題なし。

問題はメモリ。7700K+MOCFでは4166-12-11越えで回るメモリが4133-12-11すら起動できない。OS内で調整をすれば4080程度はいけるといったところでしょうか。

おなじみの5GHz揃えでポチポチやってみました。OS作りこめてないので速度には目をつむっていただきたいですが、スコア効率は他のプラットフォームに比べてかなりよさそうです。もちろんLN2環境下で石も限界付近で回すと特性に変化が出るので一概には言えませんが、空冷環境下では確実に効率はいいです。

さて、しばらくはいい石を探し求める日々が続きそうです。TSUKUMOさんが選別石をやめてしまったので私からしたら死活問題です。選別石をいくつか買ったその中からさらに選別していた人間ですからね。だからと言って秋葉原中の在庫を買い占めるわけにもいかない。第一、金もなければ人望もない。そいつらがなきゃコネもルートもできない。そして枯れて死ぬ。つらい。お酒飲もう。

広告

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*