FILCO Majestouch 2 HAKUA(FKBN104M/EMW2)を買いました

ずっと欲しいと思っていた仕様のキーボードがセールで安くなっていたので買いました。

広告

ようやく、考えうる限り私のOC用キーボードとしては最高のキーボードを手に入れました。

そのキーボードは、FILCO Majestouch 2 HAKUA(FKBN104M/EMW2)です。

1万円を超えるキーボードですが、あまりにも仕様がベストマッチだったのとセールで安くなっていたので手を出してしまいました。

今回も動画作りました

今回も懲りず動画を作ってみました。

動画内で紹介しているマウスはこちらです。

 

なぜこいつなのか

そもそも私がOC用のキーボードに求めていた条件があります。

US配列であること

別にガチプログラマーでも何でもないのですが、US配列に慣れきってしまった私がJIS配列に戻るのは結構辛い。それぐらいUS配列っていうのは楽で理にかなった配列なんです。なのでこれは譲れない。

テンキーがある

あんまり使わないんですけど、あると何かと便利なので。

PS/2で使えること

これはオーバークロッカーの皆様ならすぐにわかっていただけると思いますが、APEXで使うためですね。別にUSBでも使えますが、なにかとPS/2の方が都合が良かったりします。

ただ、USBで使ったりもするので、できれば切り替えて使えるやつがいいなと。

茶軸以上の重さがあること

軽い軸が嫌いな私にとっては、茶軸か黒軸は譲れないところです。

白いこと

マザーの色を白に塗装するので、白い方がインスタ映えするかなって。これは気分。

この条件を満たすキーボード、おる?

ってところでこいつなわけです。

US配列。テンキーあり。PS/2とUSBどちらでも使える。茶軸。そして真っ白。完璧じゃないですか。そして唯一のネックだった値段もセールでなくなった。これは買うしかない。

開封

開けましょう。

パッケージもかっこいい。

製品仕様。完璧。

パカっと。

中身はシンプル。本体、説明書、PS/2変換コネクタ。

表面はマットっぽいですね。ピカピカしてなくてかっこいい。

使ってみた

全部白で統一してみました。真っ白です。

こうしてみるとこのキーボードがどれだけ白いかお分かりいただけると思います。かなり白い。

打鍵感は茶軸って感じだし、配置もシンプルだし、レビューするところは特にありません。そもそもこのキーボード有名だしね。いいものです。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください