おじさんからの仕送りが来たのでご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

マジ暑い。溶ける。

本日のお題は「REVおじさんからの仕送り」です。Twitterで仲良くさせて頂いてるおじさん(年齢不詳)なのですが、ある日Twitterで「Aune B1聴いてみたいなあ」とぼそっとつぶやいたところ、「じゃあ背中を押しますね、住所教えて下さい(ニッコリ)」と言われて2日で仕送りが着弾しました。ダンボールに堂々と「おじさんからの仕送り 気持ちは20代」と書いてあったのは内緒にしておきますね。

なんとまあB1以外にも色々なものを送りつけて送っていただきました。ありがとうございます。てな訳で今回は仕送りの内容物のご紹介にします。

f:id:dogna:20160612222224j:plain

・Aune B1

本来はこれだけだったんですよ。中華製のアナログポタアンです。定価200ドル程度にもかかわらず、ディスクリート&A級動作が可能とあってTLでも何人かの方が所持しておられるようです。写真がこちら。

f:id:dogna:20160612222142j:plain

f:id:dogna:20160612222305j:plain

安っぽさはあまり無いです。レザーっぽい素材が使われたりしてるので高級感がありますね。最近はデザインもかっこいいアンプが増えてきてるのでなかなか良いのではないでしょうか。

音質は中低域にボリュームがあるでしょうか。全体的に懐が深いなあというような印象でした。A級動作の切り替えも楽しめますし。これが200ドル以下で買えるならかなりいい選択肢に入るのではないでしょうか。欲しい・・・

・Shanling M3

f:id:dogna:20160612222811j:plain

お次はDAPです。こちらも中華DAPですね。非常に独特の形状をしていますね。右上のダイヤルみたいのを回したり倒したりして操作します。なれるまでは苦戦しそうなDAPですね。なんとこいつ、光の入出力がどちらもついています。ポタアン的な使い方も出来るようですね。

音質はかなり素直な方だと思います。中域が少し出てるかな?と感じましたがクセはそんなに多くはないと感じました。

操作性はUIに慣れてからじゃないとなんとも言えない感じです。

・PFR-V1

f:id:dogna:20160612223823j:plain

これについて説明する必要はあるのでしょうか・・・、多分初めて見る方は「なんじゃこりゃ」と思うことでしょう。大丈夫です、それが正常な反応です。公式サイトのウリ文句の一つに「スピーカーを頭にかける新スタイル。」というのがあるのですが、ちょっと自分には斬新過ぎてついていけないです。

ただ、音はすごいです。装着感が意外とよくて、長時間つけていても疲れないです。若干高域がキツイかなあという感じはしますが。これで只今絶賛エロゲ攻略中ですが、本当に欲しくなってしまいました。いずれいいタイミングで入手したいと思います。下手な開放型ヘッドホンより欲しい・・・。今回の仕送りの中で一番購入欲をくすぐられました。

・MDR W30

f:id:dogna:20160612224749j:plain

正直存じあげなかった機種です。音は悪くはないですが、強烈なインパクトはあまりなかったです。

・Seahf2.0 150ohms&なんかインナーイヤー&コアキシャルケーブル

f:id:dogna:20160612225658j:plain

コアキシャルケーブルは試せる環境がこちらにありませんでした・・・、申し訳ないです。

左の方の機種は見たことないものだったんですが、なかなかいい音でびっくりしました。インナーイヤーの音という感じですね。

150ohmsは400ohmsとの比較用にとのことでした。個人的には400ohmsのほうが好きでしたね。悪い意味でクセがなくなってしまっているように感じました。そういう音が好みの方なら合うんじゃないかなと思いますが。

・PCDP

f:id:dogna:20160612230204j:plain

PCDPはPanasonic2機種です。SL-S30とSL-XP50ですね。どちらも好みの音でした(元々Panasonicの音が好み)。聴いてて楽しい音です。やっぱりPCDPって面白いですね・・・。IBM CD-400が壊れてしまったので早く直さないと・・・

 

一応これで全てです。個人的にはPFR-V1がほんとに面白いと感じました。実は今開放型のヘッドホンがめちゃくちゃ欲しくて悩んでいるので・・・、もしかしたらこいつになるかもしれないです。

また何かあったらレビューしたいと思います。長い文章お付き合いくださりありがとうございました。

そして今回仕送りをしてくださったREVさん、この場を借りて再度御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

REVさんのTwitter→

twitter.com

REVさんのBlog→

blog.livedoor.jp

では次回お会いしましょう。さようなら。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*