Kojo KM01-FireGoldをIYHしたお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。もう半袖ですね。

 
昨日、秋葉原に行ってきました。まあオーディオ界隈の方々とお会いしたんですが、流れでe-earphoneに行くことになったんですね。特に自分は買うものはなかったのですが、MojoのLineOutの音を活かせるアンプがほしいなあと思ってたので、探す事にしました。
 
まあ聴いてたら欲しくなるわけで、買ってしまいました。それがこちらです。
f:id:dogna:20160509110408j:image
はい。ちょっと光の加減を調節して光らせるようにしましたが、Kojo KM01-FireGoldを買ってしまいました。ちょっと話題になったのでご存知の方も多いと思います。
 
簡単にまとめると、光城精工という元々電源部のいろんなものを作っているメーカーが作っているポータブルアンプで、KM01-BRASSというものがあります。それに漆の重ね塗りをした限定モデルがこのKM01-FireGoldになります。
なんとこのポタアン、世界で15台しかありません。素材自体はBRASSと変わらない真鍮性、中身も全く変わりませんが、希少価値が非常に高いです。そのため、値崩れがほとんどしてません。中古でも87000円しました。漆のおかげで防錆性もあり、外観が綺麗なままで保ちやすいのも値崩れしにくい理由の一つです。今回幸運にも15台のうちの1台を手に入れることができたわけです。
 
f:id:dogna:20160509111507j:image
ケースもついてきました。結構いい感じですね。ただX5 2ndとMojoを重ねて使うので、ケースを使うことはないかなと思います。
 
こいつ、めちゃくちゃ重いです(笑)。電源は単4電池1本で動いちゃいます。これ、めちゃくちゃすごいんですよ。それで10時間以上持つ(公称14時間)。電池持ちは使いながら判断していきたいと思います。
 
音の傾向は、うん、なんだろう…ヤヴァイ(笑)
 
自分は中低域大好きおじさんなんですが、もうドンピシャ。表現力が桁違いでもう惚れちゃいました。だからといって高域も全く負けることなく、伸びやかできらびやかな音を鳴らしてくれます。クリアな音ではありますが、モニターな音とはかけ離れています。音に響きが追加されて、思いっきし余裕が出るような感じでしょうか。とにかく聴いてみてくれという感じですね(笑)、とりあえず自分の耳との相性は抜群です。ただ、相性は相当選ぶと思います。現に嫌いだという方もいらっしゃいますし。もうちょい使い込んだら詳細なレビューをしたいと思います。
 
しばらくこいつにゾッコンだと思います。Vermilionと335DWの組み合わせも最高なので、しばらくアンプ選びはせずに済みそうです。
 
最後に重ねた画像でお別れしましょう。では。

f:id:dogna:20160509114323j:image

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. REV より:

    おめでとうございます。
    良いアンプを購入されましたね!
    やはり値段関係なしに自分が気に入ったモノは愛着が湧きますよね。
    これからもブログ楽しみにしております!!

コメントを残す

*