Seahf2.0 400ohms ~開封編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

どうも、どーにゃです。最近めっきり暑くなりましたね。空水冷OCerにとっては厳しい季節になります・・・

今日はオーディオ系の話題です。イヤホンの開封の儀ですね、はい。どんなイヤホンかというと、最近話題の中華イヤホン、「Seahf2.0 400ohms」です。はい、なんとこのイヤホン、400ohmsのインナーイヤー型イヤホンなのです。変態臭しまくりでしょ。というわけで開けていきますね。

注文したのはHCKさんというAliexpressで出品しているセラーさんで、配送も早いし対応も丁寧なのでおすすめです(値引き交渉が通じることも多数)。実際色々話しましたが、中の人は非常に親切な方でした。中華イヤホンの購入を考えている方は是非HCKからの購入をおすすめします(ダイレクトマーケティング)。

f:id:dogna:20160505123919j:plain

届いたのはこんな箱。完全に怪しいですね。よく税関で止められなかったな・・・

f:id:dogna:20160505124026j:plain

中に入っていたものです。左がイヤホン、右が一緒に頼んだ耳かけ補助パーツが入ったポーチです。ポーチはおまけでつけてくれたようです。ありがとうHCK。

f:id:dogna:20160505124448j:plain

右のポーチの中に入っていたものです。クリップもつけてくれました・・・、サービス精神旺盛ですね。スライダーの使い心地についてはまた後日レビューします。

さて、肝心のイヤホンですね。

f:id:dogna:20160505124838j:plain

なんか書いてありますね。英語力皆無の私には到底解読不可能な文字の羅列なので無視します。

f:id:dogna:20160505124949j:plain

開けるとこんな感じ。意外と凝ってる。

f:id:dogna:20160505125104j:plain

付属品はスポンジですね。穴が開いてるタイプと全部覆うタイプの2種類が入っていました。非常にシンプルです。

f:id:dogna:20160505125307j:plain

本体に付属のスポンジをつけたところです。装着感は悪く無いですが、自分には何もつけないほうがフィットしました。ここは人それぞれだと思います。

さて、肝心の音質ですが、音質のレビューはまた後日していきたいと思います。なんといってもこの機種、エージング必須なのであまりちゃんとしたレビューが出来ないと思うので。

軽く書くなら、中高域に関しては悪く無いです。よく伸びるので、これからの変化が楽しみです。

これから色々な中華イヤホンやケーブルが着弾するので、お楽しみに。では。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*