上海問屋で売っているゲーミングマウスを買ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームやるわけじゃないんですが、手頃なマウスが欲しかったので買ってみました。

広告

今回購入したのは、「Game Titan M625」というマウスです。見た感じRazerのDeathAdderに似てなくもないなと思いましたので購入してみました。購入した後にそういえばDeathAdderの保守品家にあるやんって思い出したのは内緒。

ちなみにお値段は2000円弱。

・開封

Game Titanっていう中学生が喜びそうなネーミングがヤバイ。

パカって開く。

付属品は説明書とドライバCD。

ごちゃごちゃ余計なものがついていないのは好感が持てます。

・デザイン

まあありがちな右手用マウスです。ソールは結構厚めです。滑りは悪くない。

・ボタン

めんどくさいんでこれ見てください()

左上にフリーボタンというのがついています。特殊なボタンはそれくらいですね。

価格から考えると十分なボタン数かと。

・光り方

コレばっかりは画像だけだとどうにも説明しにくいので動画を撮ってみました。

光り方はちょっと安っぽいかなという感じがしないこともないですが、そこは値段相応でしょう。

・使い心地

悪くないです。握った感じもいいですし、ソールの滑りもちょうどいいです。ただ、軽いのでちょっと重りなんか入れてやるといいんじゃないかなと思います。クリックはちゃんとするタイプが好きなので個人的にはいい感じですね。

そのうち首領閑談あたりで使ってみての感想とか上げようかなと思います。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*