ウォッチドッグス2 – ツバメさん推奨ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、はじめまして。ツバメと申します。今回、親愛なる隣人であるどーにゃ氏から、「記事を書いてみないか?」というお誘いをいただいたので、一応このブログのライターということになりました。どーにゃ氏のように幅広いジャンルの、深い知識を持ち合わせてるわけではないので、しょうもない記事を生み出してしまうことと思いますが、よろしければお付き合いください。

広告

第1本目の記事は、ツバメさん推奨ゲームということで、ウォッチドッグス2の紹介です。

2016年の12月1日(日本国内)にユービーアイソフトから発売されたオープンワールド型のゲームで、主人公の凄腕ハッカー、マーカス・ホロウェイとなり、ハッカー集団デッドセックの一員として、高度な都市管理システムctOS 2.0と、それを管理するブルーム社と対峙していく、という感じの作品です。

私自身1作目をやっていないので、2からはじめて大丈夫かなと思っていましたが、1作目から舞台も主人公も変わっており、ストーリーもそこまで関連性はないので、ウォッチドッグス2単体で遊べる作品になっています。

そして今作の特筆すべき点は、なんといっても景色の綺麗さですね。今作はサンフランシスコが舞台なんですが、非常にリアルで美しいです。まあサンフランシスコに行ったことはないんですがね。実際こういうところなんだろうなあという感じで擬似旅行できるレベルの景色です、はい。特にゴールデンゲートブリッジは凄いです。そしてあの有名な悪名高い刑務所である、ザ・ロック、アルカトラズ島もあります。内部も割としっかり作られていて、初めて入ったときは少し感動しましたね。ゲーム内で写真を撮れる機能があるんですが、これがなかなか良いんですよね。色々なロケーションに行ってはついついスクショを撮ってしまいたくなる、そんなゲームです。

昼間のゴールデンゲートブリッジ

夜のゴールデンゲートブリッジ

アルカトラズ

 

ミッションのボリュームに関してはちょうど良いと感じました。メインミッションが14、サイドミッションが22あり、ひとつひとつのミッションに厚みがあるので、ボリューム不足を感じることはなかったですね。ただこれはオープンワールドゲーでは仕方ないことだと思いますが、やることはあまり変わらないので、単調に感じる人もいるかもしれません。

ストーリーも基本的にキャラクターのノリも軽く、明るい感じで進んでいき、気楽にサクサク遊べたので、個人的にはとても良かったです。ミッションを進めるやり方に関しても、プレイヤーに委ねられている場合がほとんどなので、敵との戦闘を極力避けるステルスプレイから、突撃ドンパチプレイまで自由なプレイスタイルで遊ぶことができます。

そしてウォッチドッグス2において外せない要素、ハッキングですね。信号からマンホール、他人の携帯電話、監視カメラなどあらゆる物をハッキングして自分の有利な状況を作っていくことが、このゲームの醍醐味ですね。マーカス自身で到達できない場所には、ドローンやクアッドコプターのような飛び道具を使って攻略していくというのも面白い要素の一つです。ドローンと聞くと、同じユービーアイソフトから発売されているFPSゲームのレインボーシックスシージを思い出しますが、アレと似たようなものですね。

オンラインプレイの要素もあるにはありますが、おまけ程度ですかね。他のプレイヤーと協力、または敵対するものや、レースをするものもありますが、あくまでメインはソロプレイだなと個人的には思います。ただフレンドと協力して敵プレイヤーとカーチェイスを繰り広げるのはとても楽しいです。まあそのフレンドというのはこのブログの首領なんですがね。

こんな感じでしょうか。オープンワールドゲームというと、やはりグランドセフトオートが代表的ですが、このウォッチドッグス2も非常にクオリティの高いゲームである、と私は自信を持って推奨したいと思います。ユービーアイのオフラインメインのゲームが自分には合ってるのでしょうね。オフラインはもちろん、フレンドとオンラインをするのもアリです。あと一つ言い忘れてましたが、車等のビークルの挙動は少しクセがあるかなって感じはしました。慣れれば気になるほどのものでもないですが一応。

稚拙な文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます。また書く機会があれば、何かしら書きたいと思います。それでは。最後にウォッチドッグス2で撮ったスクショを添えて。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*