イニエスタとは、フットボールである

ついに、イニエスタのバルセロナ退団が発表されました。

広告




アンドレス・イニエスタ。

見た目は普通のどこにでもいそうな頭の薄いおじさん。

足が速いわけでも、体が強いわけでも、豪快なシュートを打つわけでも、敵陣を切り裂く鮮烈なパスを出すわけでもない。いや最後のはちょいちょいあったな。

とにかく、派手な選手ではない。

イニエスタを観ていると、そういう選手こそが必要な選手なのだと強く感じます。

とにかく、イニエスタはフットボールが上手い。誰がどのスペースにいるべきか、スペースを攻撃するのか、ドリブルを挟んでリズムを変えるのか、さらに加速するのか。イニエスタはそうした調律を施す。イニエスタは、バルサにおける代わりの利かない”調律師”なのです。

あくまで主役は楽器、すなわちチーム。イニエスタがボールを持つことで、チームが動く。そんな存在なのです。こういった選手は過小評価される傾向がありますが、イニエスタはそういった意味ではバルセロナにいたという運の要素も大きかったと思います。実際大舞台での活躍が目立ちますしね。

調律師がいなくなったバルサ、いやフットボールがどうなっていくのか。きっとまた新たな進化が続いていくのであろう。取り残されたカンテラ組はどのように振舞っていくのか。個人的には、やっぱりバルサらしいカンテラーノが中盤で躍動している姿が見たい。パウリーニョやラキティッチではなくて。

日本に来たら毎試合観に行きたいなあ。

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください